2019.01.22

カレーの日

今日はカレーの日(^^♪
カレーは江戸時代の幕末期から日本では食べられる様になり、1982年に社団法人全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことにちなんで定められました

カレーは小さいお子様や大人の方にも大変好まれる食べ物ですよね(#^^#)
夏バテや疲れているときなどは、カレーを食べたくなるとも言われるくらい、人気の食べ物として現在普及しています

ですが、カレーには着色の原因となる黄色いスパイスが大変多く含まれており、頻繁に食べてしまうと歯の黄ばみの原因の恐れがあるかも( ゚Д゚)

でも、食べたい物を我慢するのは辛いですよね(>_<)

その場合、小まめの歯ブラシも必要ですが、その他にも簡単に着色を防ぐ方法があります

◆ガムを噛む
ガムを噛むと、唾液が分泌され着色成分が洗い流せるた為、着色の付着を軽減できます。
毎食後の歯磨きが面倒くさいという方はガムを噛む習慣を身に着けるのもいいですね(#^^#)

◆うがいをする
水を口に含みうがいをすれば、着色成分も一緒に洗い流す事ができます
できれば歯磨きも一緒にできれば一番効果的ですが、うがいだけでもまずは行って頂くと着色を防げます(^_^)

意外と簡単で、今すぐでも実行できる項目が多いですね(#^^#)
お子様にもできる内容になっているので、ぜひ日頃から実践してみて下さい